北の空から~アトピー湯治留学 豊富温泉へ移住

アトピーの息子と北海道の北の端の豊富温泉に湯治留学するまでの出来事とそこでの日々を綴ります。

兜沼小中学校に転入学しませんか?~少人数で学べる魅力

f:id:houzukix:20190922215731j:image

 

先日、こんな手紙を小学校から貰ってきました。

 

この辺りでは、子供の数が減少し、小中併置校から

更に廃校になる学校が結構あるそうです。

 

この兜沼小中学校は現在、小学4年せい1名、中学1年生1名、2年生2名、

3年生3名の7名が学ぶ小規模校だそうです。

今回、この兜沼小中学校を「小規模特認校」に指定し、

豊富町内の児童生徒で保護者の希望がある場合に、

正規の通学区域を超える通学を、一定の条件下に認めるそうです。

 

豊富小学校は、各学年1クラスとは言っても、

1クラスに30人弱はいるし、

皆元気で賑やかなので、特に僻地の学校、と言う感じではありません。

わざわざ兜沼のような小規模校へ転入するメリットなんてあるはずがない!

と思われるかも知れませんが・・・。

 

実はそうとも言えないのです。

兜沼小学校と言えば、この辺りでは、

生徒の学力が高い、と有名らしいのです。

 

噂で聴いた程度ですので正確なことは分かりませんが、

以前北大の医学部に合格するなど、

結構の実績をあげているらしく・・・

 

豊富小学校に転校する際も、

学力のレベルで言えば、兜沼の方が高い、と言われ

驚いたものです。

 

とは言え周囲は酪農家だらけの集落で、

そもそも車の運転免許のない私が送り迎え出来ないのだから、

選択の余地はないと思ったのですが、

この手紙によると、スクールバス利用とあります。

であればむしろ、冬の吹雪の日など、

他の子達が自宅の車で通学する日も

歩いて通わなくてはならない我が家にとっては

通いやすいかも知れない・・・と思ったりもしたのですが、

流石に同級生が0というのは、

クラスの友達が大好きで、

毎日学校が楽しくて仕方ない息子にとっては

「無理!」

 

沢山の友達と交わることで

机の上で学ぶ勉強以外の大切なことを

沢山吸収出来るのが学生時代。

 

ただ、兜沼の小学校のように、

ほぼマンツーマンに近いからこそ

一人ひとりの生徒のペースで

その子にとっての最適な形を見つけていけるメリットも

あるのは確かなのだと思います。

 

長男が小学校の2年生の時、担任の先生から言われた言葉が

ショックでした。

「お母さん、公立の小学校というのはね、

真ん中の子を対象にしているんですよ。

それより上でも、下でも駄目なんです。」

そう、ハッキリ言われたのです。

 

上でも、下でも駄目?

全てがそんなに丁度よい子なんているのだろうか?

何かが得意でも何かが苦手。

そんな凸凹は、誰にだってあるのではないか?

頑張ったて出来ないこと、苦手なこと、

それはその子の持って生まれた宿命で、その子のせいじゃない。

そんな一人ひとりの子の頑張りを、見守って励ましてくれる・・・

それは私の現実離れした理想に過ぎないのか・・・?

 

教師とは言っても、人間。

大勢の子供たちや保護者相手に、疲弊していく方も多いのでしょう。

理想と現実の間で、変わっていくのかも知れません。

 

そんな苦い思いをいくつも乗り越えて来ているので、

少人数というのは、魅力的に響きます。

 

沢山の友達と過ごすメリット、

沢山の目に見守られて成長するメリット、

 

相反する環境の、どちらが良いのかは、

生徒一人一人の個性にもよるのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗谷の塩ソフトアイスをたべた!

f:id:houzukix:20190922171717j:imagef:id:houzukix:20190922171733j:imagef:id:houzukix:20190922171817j:image

 

 昨日稚内に行ってきました。

朝、7時18分の電車に乗り、

夕方6時4分の電車で帰って来ました。

親子3人で4,640円。

途中1時台と5時台にも一本づつ電車がありますが、

豊富までの所要時間は10分しか変わらないのに、

急行料金がかかります。

3人分だとそこそこばかにならない金額だし、

折角、稚内まで行って1時に帰るのでは忙しいので、

夕方まで時間を潰すことにしました。

 

豊富では、買い物をするのも、食事をするのも殆ど同じ店で、

代り映えのしない毎日なので、

たまには色々物色しようと・・・。

 

子供たちはまず、駅の側の夢広場と言うお土産物やさんの店頭で

白い恋人」アイスを買い、

私は、稚内駅にあるキタカラ1階の「オレンジエッグキタカラ店」で

「宗谷の塩アイス」を食べました。

ワッフルコーンとココア味のワッフルコーンを選ぶと330円。

メープルコーンを選ぶと280えん。

メープルコーンの方が小さいそうです。

コクが合って美味しかった!

 

私は宗谷の塩アイスの方が好きで、

子供達は、白い恋人アイスの方が美味しいと言います。

 

ただ、白い恋人アイスは、8時半から食べられるのに、

宗谷の塩アイスは、オレンジエッグが開く10時まで待たなくてはなりません。

 

稚内の駅には8時ちょっと過ぎには着いてしまい、

まだお店が空き始める時間には早いのですが、

駅の待合室は広々としていてゆっくり休める椅子とテーブルがあるし、

駅に隣接して、お馴染みのセコマがあるので、

ゆっくりお茶しながら本を読んだりして時間を過ごせます。

 

駅を出て、広い道路を渡ると、

目の前に一面の海が広がります。

遠く遊覧船が見え、

青い海と広い空・・・。

吹き付けてくる風・・・。

 

駅で子供達とまったりしていたら、

駅の広い構内に、

何やら大荷物を持ち込んで広げ始める人が数名。

駅の外では、沢山のトラックから

屋台のテントやら何やら、、、。

 

この日、たまたま稚内の駅前と

商店街で催しがあり、

駅の構内ではフリーマーケット

駅前の広場では、

ラーメンやたこ焼き、クレープ、

ホッケのハンバーガー、ビール

カキ氷、その他にも沢山の露店が並び、

腕相撲大会、早食い大会、バンド演奏など、大勢の人が集まっていました。

 

お昼は、デノーズの「スラッピージョー」を食べたのですが、

運ばれてきた途端、子供たちと

「おおーっ」と歓声をあげ、一気に食べ始めてしまったので、

何と、写真を取り忘れてしまい、

気づいた時には半分くらいの大きさに・・・。

悔しいので、次回もう一度デノーズに行って写真を取れたときに

「スラッピージョー」についてお話したいと思います。

とほほ・・・。

 

午後はゆっくり副港市場まで歩き、

海に飛び交うかもめを見上げ・・・

次男が港にとまるかもめに近づいても、

かもめはギリギリまで逃げないのですが、

あと一歩・・・と言うタイミングで、いきなり羽ばたいていきます。

 

釣りをしているおじさんが、竿を上げると小さな魚がキラリ・・・。

すると、その魚を竿からはずして

近くにとまっているかもめに放り投げる。

瞬間、かもめが魚を加えて飛び立った。

あっという間の出来事。

 

副港市場の隣りにある「丸善」では

自宅用にホッケを買いました。

 

駅に戻ると、賑やかなバンド演奏。

お祭り気分を楽しみながら、ゆっくりと時間を潰して、

帰りの電車を待ちました。

子供達はラーメンとポテトフライを食べ、ご機嫌。

露店の前に沢山の即席の椅子とテーブルが用意されていて、

そこで食べても良いのですが、

駅の二階が広いフリースペースになっていて、

駅の構内を見下ろしながら、飲食も可能です。

しかも、充電器さえ携帯していれば、

スマホの充電も出来、結構快適。

 

朝から夕方まで、時間を持て余すのではと心配したけれど、

子供たちと新鮮な時間を過ごせたし、

まだまだ稚内、奥が深い・・・

また近い内に遊びに行こうと思います。

出来たら、雪が降る前に。

 

 

 

 

 

 

 

希望

f:id:houzukix:20190919134255j:imagef:id:houzukix:20190919135259j:image

 

どなたか、この花の名前を知りませんか?

 

伸び放題になっていた庭の雑草を、必死に抜いていたら、

背の高い雑草の陰に、この子を見つけました。

 

土の中から、いきなり、にょきっ・・・と言う感じで

顔をのぞかせていたのですが、

薄紫色の儚い花びらが可憐で、

 

殺伐とした我が家の庭に、

ぽつんと咲く姿見つめていたら

 

思わず、”希望”と言う言葉が浮かびました・・・。

 

今日の豊富は、

朝から強い雨が降ったかと思うと、

あっという間に晴れ間が広がり、

そしてまたザーッと降り出す、

忙しい天気です。

 

朝の気温は8度。

「まだコートはいらない!」

と出かけていった息子が、すぐ戻ってきて

「やっぱりコート!」

と飛び出して行きました。

学校遅刻しなかったかな?

 

傘をさしても、風が強い日には

あっという間に壊れてしまうので、

ここでは傘はあまり役に立ちません。

 

傘をさしている人を見ると、

地元の人じゃないのが分かる、

と地元の人から言われたことがありました。

 

もうすぐ雪が降り出せば、

傘はいらなくなるものね・・・。

 

去年は何もかもが初めての経験で、

果たして無事に冬を越せるかドキドキだったけれど、

 

とりあえず何とか一冬越せたと言う自信があるから、

今年はちょっと余裕を持って冬支度が出来そうです。

 

 

 

 

豊富町 婚活パーティー 花嫁募集中! だそうです...

f:id:houzukix:20190917211927j:image

 

ふれあいセンターの廊下の張り紙に、

こんな物を見つけました。

 

豊富町で、酪農家の花嫁さんを募集中だそうです!

豊富町までの交通費を、最大3万5千円まで負担してもらえるらしい。

参加費は5000円。

ホテル豊富に宿泊。

宿泊費、食費込なんて、とってもお得。

因みに、ホテル豊富は、湯の花荘の隣りにある、

ちょっとおしゃれなホテルです。

 

今どき酪農家なんて・・・

大変な割にちょっと・・・

などと思ってませんか?

 

実は酪農家って、とっても高収入な事を知ってますか?

私もここへ来るまでは知らなかったのですが、

重労働だったのは昔のこと。

最近では、ほとんどの作業は機械化されているため、

機械がほとんどの作業を効率よく捌き、

人の仕事は機械の操作が主だということ。

牛舎も大規模化し、

流通ルートも確保されているので、

開業医並みの年収だとか?

そのため、新婚の若い夫婦でも、

立派な一軒家を新築して住めるんだそうです。

(土地代は安いですし、酪農家でなくても、

豊富の町を歩くと、広くて素敵な家が多いです。)

 

大空と広い大地に囲まれて、

松山千春バリの生活を・・・

なんていかがでしょう?

 

とは言え、勿論良いことばかりではありません。

生き物相手の仕事ですから、

朝夕の餌やりは、機械任せとは言え、

人手は必須。

ほぼ1年中休むのは難しい。

高収入とは言え、気の抜けない忙しい仕事ではあります。

 

だから・・・

動物が好き、

自然が好き、

北海道で暮らしたい・・・

 

そんなあなたに、

ここ豊富まで、冒険してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:houzukix:20190917142833j:image

今日の豊富は、スッキリとした青空が広がって

日差しも温かいけれど、

ちょっと強い風が吹き、

時折、木々を揺らす風の音が聞こえます。

 

こんな日がずっと続いたら良いのに・・・。

穏やかな、心地よい季節。

今日は洗濯物もちゃんと乾いてくれそう・・・。

 

もう少しでやって来る、

雪の季節に備えて、

沢山深呼吸をしておこう・・・

 

そんなふうに思える一日です。

 

一方、テレビのニュースでは、

台風の影響で大変な想いをされている方達の情報が

伝わって来ます。

ついこの間は九州で、

そして今度は千葉県で・・・。

普通の何気ない日常が、ある日突然途切れてしまう。

テレビの向こうで災害のニュースを見ても

それがまさか自分の身に降りかかるなんて、

思いもしない。

けれど、人生って、良くも悪くも、

「運」なんだと思うのです。

思いもしなかったことが、ある日突然降りかかる・・・。

どんなに誠実に生きていても、

どんなに備えていても、

自分の力ではどうしようもないことに、

ぶち当たることがある・・・。

 

もう、立ち上がれない・・・

もう、頑張れない・・・

 

そんな時、

差し伸べられるささやかなやさしさに

巡り会えるかどうかも

また「運」としか言いようがないと思います。

 

その優しさに支えられて、もし

立ち上がる勇気が生まれたとしたら・・・

 

 

 

 

人を支えられるのは、

人しかいない・・・

最近、つくづく思うのです。

 

嬉しかったこと・・・

f:id:houzukix:20190915160641j:image

 実は今日、嬉しいことがありました。

 

このブログを書き始めたものの、

果たしてどれだけの人に届くのか?

こうして書き続ける意味はあるのか?

ちょっと、迷っていたりもしたのです。

湯治でアトピーが良くなる・・・

と言っても、実際に身近でその効果を目にした人以外は、

「まあ、いるよね・・・そうゆう民間療法を信じる極端な

考え方の人・・・。」

という反応を受けることもしばしばだったので。

ここで、温泉の効果を知っている仲間内だけで、

ひっそり湯治しているだけで良いんじゃないかと・・・。

 

ところが今日、湯治の仲間から連絡が入り、

今日まで湯の花荘に滞在していた方が、

私と連絡を取りたいと言っていると伝えられました。

 

湯の花荘でバーベキューをしている私を見かけ

翌日のブログの内容で、ブログの主が私だと気づいたとのこと。

 

ここへ来る前に、

私のブログを読んで、参考にして下さっていたと。

 

アトピーで苦しんでいる方が、読んで下さっていた!

ここへの湯治の道標の一つになれたのだとしたら、

頑張って書いた意味があったのだと、

とても報われた思いになりました。

 

その方は、15日の滞在で随分楽になって帰られたと聞き、

本当に嬉しかった!

 

これからも、ブログを書き続けて下さいと、

とても嬉しい励ましのお言葉を頂きました。

 

こちらこそ、本当にありがとうございました。

アトピーは、ストレスの影響も大きと聞きます。

どうか無理をなさらずに、

お体を大切になさって下さい。

 

そして、身体だけじゃなく、

心が疲れるような時にも、

どうかここを思い出して下さい。

皆でいつでも待っています。

 

 

 

 

 

 

白い恋人パークで息子が作ったクッキー

f:id:houzukix:20190914153928j:image

 

修学旅行から、息子が帰って来ました!

 

楽しかった!!

を連続して、家に帰るなり沢山のお土産を披露し初めて・・・

これは誰さんにでしょ・・・これは誰さんにでしょ・・・

一気に我が家が賑やかになりました。

何より初めに彼が見せたがったのが、

「これ、俺が作ったクッキーだよ!

凄いでしょ!」

と、白い恋人パークで作ったクッキー。

「絶対合格」はお兄ちゃんへのエール。

でも何故か、ライオンズのマーク・・・。

どっち応援してるの???

「それは勿論、お兄ちゃん!」

ということでした。

 

ところが・・・全てのお土産を出し終えた後に・・・

「あれ?無い!無い!」

と騒ぎ初めて、

「オリンピックミュージアムで買ったメダルがない!」

というのです。

「600円もしたのに・・・。

他の人へのお土産をたくさん買って、

これは自分へのお土産だったのに・・・。」

バスの中で落としたのかな?

皆でバスの中で出してみたりしたから、あの時落としたのかな・・・。

と、ずっとグチグチ・・・。

楽しかったはずの彼のテンションは下がりっぱなし。

 

「また行けばいいじゃない?今度は家族で。」

と慰めたけれど、

母はちゃんと分かってる。

自分のお小遣いで、自分で選んで買った、

修学旅行の思い出のつまったメダルは、

取替の効かない世界で一つの宝物になるはずだったんだよね・・・。

だけど、そんな後悔も含めて全部が

あなたの大切な思い出になるんだよ・・・。